スポンサードリンク

舌苔と口臭との関係


舌の表面には、小さな乳頭と呼ばれる絨毯のような
ヒダ(糸状乳頭)が無数にあります。
この糸状乳頭は、舌の中央と奥の方に密生しています。
実は、舌はこのヒダが無数にあるために、
常に食べ物等の汚れが付きやすい状態にあります。
舌の表面に付いている白い舌苔には、
歯の表面に付着している歯垢と同じものも付着しています。
つまり舌についたプラークというわけですが、その大半は、
食べ物の残渣物や口の中の細菌とその細菌が代謝したものです。
それを舌の表面から少し取って臭いを嗅いでみると悪臭がします。
これが口臭の原因になっているわけです。
この舌に付着した汚れ(プラーク)は
舌のヒダの細かい突起の表面に付着していますので、
その量は想像をはるかに超える量となります。
舌苔が口臭の原因と言われているのはそのためですが、
前述の通り、舌苔のすべてが汚れ(プラーク)
ということではありませんので、
口臭ケアという理由で舌苔を取りすぎないようにご注意ください。
舌苔の正体がプラークや汚れだけではない理由として、
例えば風邪をひいている時や、お酒を飲んだ翌朝などは、
普段よりも分厚く舌苔が付着していることが確認できます。
また、口呼吸や薬の副作用による唾液量の減少で
ドライマウス状態になっているときには
舌苔が付着しやすい口内環境になっています。
常に舌の上にはうすく舌苔がついているのが普通の状態であり、
体も健康的でもっとも理想的な状態であります。
舌苔を過剰に取りすぎても口臭予防の効果はないどころか、
逆に舌と口内のトラブル原因ともなりますので、
舌苔の取りすぎには十分ご注意ください。

舌苔の疑問&悩み解消ナビ TOP



スポンサードリンク

タグ:舌苔 口臭




舌苔の疑問&悩み解消ナビ TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。