スポンサードリンク

舌の口内炎を素早く改善する方法


口内炎ができて、あるとき突然痛みを感じることがあります。

そもそも口内炎は、食事の時などに誤って口の中を噛んだりすることによる傷ができもののように炎症を起こして発症することが多いようです。

口内炎はその名の通り、口の中のできものなので、普通の皮膚にできるニキビや吹き出物と異なり食事たびに痛みが付きまといますので非常に厄介です。

さらに口内炎ができることで同じ場所を2〜3回噛んだりしてしまうこともあり、さらに症状が悪化すると、傷みのあまり食べ物どころかおしゃべりにも影響がでることもあるようです。

最近では、口内炎に効くとされるたくさんの薬がドラッグストアなどでも売られています。

以前は塗り薬が主体だったようですが、最近では飲み薬や貼るタイプのものなども登場しています。
即効で選ぶなら口内炎パッチがおすすめ!

しかし、飲み薬の場合は、利用者の口コミサイトなどの書き込み情報によれば、人によってはあまり効果がなかったり、即効性がないことから実用的ではないなど、感想は様々なようです。

口内炎は、舌など口の中を噛んだことで傷ができて、そこから発症するできものですから、基本的には口内をいつも清潔にしておけば治りも早いはずです。

そうした意味からは、一時的に痛みを和らげるような塗り薬を頻繁につけるよりは、殺菌効果の高いうがい薬の方が根本的な治療を行う意味からもおススメといえます。

さらにうがい薬として使用してきた中で、私が最もおススメなのは、実は市販薬ではなく、案外身近なところにあるものでした。

そのおススメとは、実はお茶なのです。つまり日本の緑茶ですね。

緑茶の殺菌成分とさらに渋みか何かの成分も効果があるのだと思いますが、細かい理屈はよくわかりませんがとにかくこの緑茶というのは口内炎によく効きます。

私の経験では、なるべく濃い目のものがいいようで、お茶葉の種類は何を使っても効果に差はないようでした。

痛みの抑制だけでも効果がありますので、口内炎にお困りの方は是非一度お試しください。

※さらにすぐに痛みを何とかしたい方や即効性を求める方には、貼るタイプのパッチもドラッグストアなどで販売されています。
即効で選ぶなら口内炎パッチがおすすめ!
スポンサードリンク





舌苔の疑問&悩み解消ナビ TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。